ふくろうの囁き

日々の暮しから、山歩き速報まで、 自分流に生きる日々…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩谷丸山(629.2m)

以前から気になっていた山である。
手軽な夏山として人気があるが、それより山スキーの山として札幌近郊では有名だ。我が家もスノーシューで登ってみたいのだが、そのためには一度、地形の下見を兼ねて夏道でチャレンジと考えていた。

小樽を過ぎ、JR塩谷駅を目指す。
塩谷駅横の踏切を渡り、Y字の分岐を右に進む。北ガスのタンクが近付くと道は左に曲がり、やがて最終民家前の駐車スペースに着く。運良く空いていたので止めさせてもらったが、スペースは狭く数台分しかない。週末など混雑するときは、民家の方に迷惑をかけないよう、車は塩谷駅の駐車場に止め、歩くのが賢明である。歩いてもプラス30分程度だ。
(参考…冬は登山口が異なる。塩谷駅横の踏切を渡った後、Y字の分岐を左に進み、除雪最終地点が登山口である。近くには冬期限定の有料駐車場もできるようだが、駅に止めて歩いても大したことはない。)
写真…最終民家前の駐車スペース(迷惑をかけないように)
060524-0IMG_1123.jpg060524-0IMG_1125.jpg

民家前の車止めを過ぎ、林道を数百メートル歩くと登山口。入山届のBOXもある。
060524-0IMG_1126.jpg060524-0IMG_1133.jpg

最初は樹林帯の緩やかな登り。ヒトリシズカ、(ミヤマ?)スミレ、クルマバソウなどの花々が励ましてくれる。ちょうど笹刈りが行われていた、、、感謝。
060524-0IMG_1143.jpg060524-0IMG_1138.jpg

やがて急登になり、登りきるとようやく展望が開けた。
今年の積丹は豪雪で、半島の最高峰である積丹岳は、まだ真っ白だ。
060524-0IMG_1183.jpg060524-0IMG_1184.jpg

5月下旬だというのに、山頂直下には雪渓が残っている。最後の一登り。
060524-0IMG_1188.jpg060524-0IMG_1199.jpg

山頂着、素晴らしい眺望だ。
羊蹄山、ニセコ連山、積丹半島の山々、そして石狩湾の奥には暑寒の山々も見える。冬の塩谷丸山も楽しみである。
060524-0IMG_1208.jpg060524-0IMG_1206.jpg

※コースタイム
 8:30 登山口
10:10~11:25 山頂
12:25 登山口
下山後の温泉は、フゴッペ温泉「貴泉天山樂」へ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hisago.blog5.fc2.com/tb.php/63-59cb84c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。