ふくろうの囁き

日々の暮しから、山歩き速報まで、 自分流に生きる日々…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉無料パスポート 『HO(ほ)』Vol.6

財界さっぽろの季刊誌『HO(ほ)』Vol.6が、3/24に発売されました。
今回も無料クーポンが付いてますが、名前は「温泉無料パスポート」に変りました。
書店、コンビニで発売中。
060324-0IMG_0599.jpg

・一冊480円。
・パスポートは切り離すと無効(雑誌の所定の欄にスタンプ印をもらう)。
・有効期間 2006年4月3日~6月20日。
  (GW期間、4月29日~5月7日は利用不可)
  施設によっては独自の期間設定をしている所もある。
・各宿、日帰り入浴が一人一回限り有効。
・入浴時間は施設により異なる。
・特に無料クーポン利用の場合、休日や休前日が利用できなかったり、入浴時間が短いことがある。清掃日、繁忙期、団体宿泊等の事情で断られることもあるので、事前の確認が必要。


入浴できるのは下記の34施設で、前回より10施設増えました!
一冊(480円)でこんなに、、、
一ヶ所で元が取れ、あとは無料三昧だけど、、、ガソリン代が悩みの種かな…。

定山渓温泉(鹿の湯、ふる川、グランドホテル)
由仁温泉(ユンニの湯)
石狩温泉(番屋の湯)
はぼろ温泉(サンセットプラザはぼろ)
洞爺湖温泉(湖畔亭、ホテルグランドトーヤ)
洞爺村温泉(ホテル洞爺サンシャイン)
花園温泉(ニセコワイスホテル)
昆布温泉(ニセコグランドホテル)
長万部温泉(丸金旅館)
フゴッペ温泉(貴泉天山樂)
カルルス温泉(国民宿舎オロフレ荘)
北湯沢温泉(ホロホロ山荘、湯本名水亭)
登別温泉(石水亭)
函館湯の川温泉(湯の浜ホテル、啄木亭)
丸瀬布温泉マウレ山荘
音更・ホテル鳳乃舞音更
十勝川温泉(第一ホテル豊洲亭)
樹海温泉はくあ
層雲峡温泉(朝陽亭、朝陽リゾートホテル、銀泉閣)
糠平温泉(糠平舘観光ホテル)
芽登温泉
温根湯温泉(大江本家)
士幌温泉(プラザ緑風)
川湯温泉(御園ホテル)
中標津トーヨーグランドホテル
摩周温泉(ニュー子宝)
ウトロ温泉(知床第一ホテル)
スポンサーサイト

免許証更新~極楽湯

今日はかっちゃんの免許証更新で、手稲の試験場に…。
もちろん「ゴールド」だ。
060314-0IMG_0579.jpg

帰りに、初めての「極楽湯さっぽろ手稲店」へ。
釜風呂は良かったが、湯は塩素臭くて参った、、、
060314-0IMG_0584.jpg

温泉無料クーポンVol.5総括

『HO(ほ)』温泉無料クーポンのVol.5総括。
(2006年1月5日~3月10日)

060308-0IMG_0532.jpg

利用させていただいた温泉です。
ありがとうございました。

・定山渓温泉
  ふる川(2回)
  ホテル山水(2回)
  鹿の湯(1回)
・由仁温泉
  ユンニの湯(2回)
・洞爺村温泉
  ホテル洞爺サンシャイン(1回)
・洞爺湖温泉
  湖畔亭(1回)
・登別温泉
  石水亭(1回)

再訪、ホテル山水(温泉無料クーポン)

実は、当初の予定は「鹿の湯」だったが、、、入浴を断られたのだ。
清掃日などの理由で断られることもあるので(無料クーポンは特に)、事前に電話で確認してから出かけたのに、なんで!(怒)
今回の無料クーポン最終週(3/10まで)は後味の悪いものに…。

事の顛末。
家を出る前に家内が電話したら、なぜか別館の花もみじのフロントに通じ、花もみじの日帰り入浴の説明だけ(本日は15時から)で電話が切れてしまった。再度電話すると、今度は鹿の湯本館のフロント(男性)に通じ、こちらは「12時から入浴できます」との返事。
札幌から車を走らせて、13時に到着。フロントに出向くと「本日は月2回の清掃日なので、日帰り入浴は出来ません」との話。「電話で確認したのに、そりゃないでしょう」と言ってみたが、相手は実習生(若い女性)。平謝りだったので穏便に引き下がったが、非常に不愉快だった。
で、二度目の山水へ。

定山渓・ホテル山水(温泉無料クーポンPart.12)

今回は定山渓温泉の「ホテル山水」。
雑誌掲載の写真を見て後回しにしていたのだが、ネットで検索すると泉質が中々良いらしい。定山渓では珍しい「かけ流し」なのだ。設備は二の次で出かけてみた。
060302-0IMG_0462.jpg

ピカピカのロビー(フロント)を通り、地下の大浴場に向かう。
060302-0IMG_0501.jpg

脱衣場
060302-0IMG_0466.jpg

内湯は二つ、洗い場は7~8ヶ所。
露天は、男性は混浴(写真)のみだが、女性は渓谷を見下ろす女性専用露天風呂がある。
混浴については、実際は男性のみが利用しているようだ。
060302-0IMG_0496.jpg

露天に出ると左にミストサウナがある。
手造りのサウナは温泉の蒸気のみを利用していて、体に優しい。
ふるかわ」のサウナと同じくらいかな…。
060302-0IMG_0491.jpg

小さいホテルだが、泉質は良いし、内部の手入れも行き届いている。
気になったのは、建物の裏や見えないところが雑然としていること。露天などを手造りした残骸だと思うが、窓から廃棄物が丸見えでは興醒めである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。